0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

教室を開講します♪

滋賀県大津市

ピアノ&ソングインストラクターの生野百合華です♪

この度、大津市萱野浦にて
「百合華音楽教室」を開講させていただく事に
なりました。
様々なご縁が繋がり
私の又新たな出発点となりました。
開講は偶然にも私の誕生日月の5月です。
指導者として自分が存在してる意味を
もう一度考える良い年齢になったなぁと思っていた矢先に
ご縁をいただきました。
既に沢山の生徒さん達が開講をお待ちして下さっています。
ありがとうございます。
音楽の喜びを生徒と共有することに
こんなに幸せを感じらるのは
指導者の特権です。
与えられた自分の人生に感謝して
指導者は勿論ですが、一人の人間として
今後も努力を重ねていきたいと思います。
どうぞこれからも宜しくお願い致します。
 
                  生野百合華♪
♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬♬
2才からの知育と音感教育は親子と講師3人のレッスン
お子様3名以上のグループレッスンがあります。
3才からのピアノ個人レッスンは
一人の一人の個性に合わせた教材をご用意します。
年1回の発表会とピティナステップ。
希望者はコンクールに参加しています。
ピアノ教育だけではなく、発表会等でマナーや礼儀作法も
自然に学んでいます。
毎年、県内難関公立高校へ進学していきます。
保育士志望の方達が今年も志望の大学に無事に合格しました。
高校進学と同時に、初めてピアノレッスンを始めた生徒が
努力の末に
3年間でソナチネのレベルに達しました。
勿論、希望の大学に入学しました。
       レッスン後にお祝いをしました。
大人のピアノ教室
ヴォーカル教室
毎年1回の発表会に向けて新しい人生を謳歌して下さい。
初心者大歓迎です。
🎹ピアノ教室
個人レッスン
月3回(1回30分)+グループレッスン(ソルフェージュ楽典をゲーム感覚で楽しく学びます)
年間42回
レッスン料金  6000円~8000円
🎹大人のピアノ教室
🎤ヴォーカル教室
個人レッスン(1回50分)
月1回 4500円
月2回 8000円
月3回 11000円
お友だち、ご家族で一緒にフレンズレッスンのコースもあります。
入会金 3500円(グループレッスンに使用する教材費含む)
体験レッスン2000円です。
入会された方は体験料金は免除致します。
 
 ❬レッスンのお問い合わせ❭
 
📲070ー5260ー7151にお願いします。
※レッスン中は留守番にしております。
折り返しお電話させていただきますので、お名前を入れてください。
メールアドレス/ yurikaclub@gmail.com
 
 
虹レッスン会場❭
百合華音楽教室
大津市萱野浦教室❬ロイヤルオークホテルの隣❭
草津市新浜教室(金曜日)
ご希望のスタジオに出張も有り!
 
スカイプラザ浜大津スタジオ「響」
講師プロフィール♪

東京代々木生まれ。

2歳より日本で最初の幼児音感教育「杉の子こども会」で、NHK 歌のおばさん、安西愛子師に師事。小学2年生からNHK 東京放送児童劇団に入団。教育番組レギュラー、ミュージカルに多数出演。中学校から音楽コースに進む。

日本楽器に就職するが、国会議員の秘書になり衆議院議員会館に勤務する。一時、音楽活動から遠ざかる。

滋賀県に移住してから、自ら幼児音感教育「スキップランド」を立ち上げ、同時にピアノ教室を開催。地元中学校のPTA コーラスの指導を7年間続ける等、ボランティア支援活動にも力を注ぐ。現在、ピアノは2歳~シニア世代の講師と、ヴォーカルの指導者として年3回の発表会を主催する。

ピアノ教育はバスティン、故人ピアニスト田所政人氏に子どもへの演奏指導法を6年間学ぶ。

Fuzzの藤山一男氏作曲「金子みすゞの心の世界」のヴォーカリストで全国をライブ活動中。

カルチャーセンターにも出向。滋賀リングカルチャー、浜大津スカイカルチャーのヴォーカル講師。草津市育児サロン、わらべ歌サークルの講師。生涯学習のための企画イベント、コンサート活動も積極的に行っている。

【 2018/04/06 】 未分類 | TB(0) | コメント(1)
突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
【 2018/04/06 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL